海外-日本間の引越しの体験談

海外-日本間の引越しの体験談

うちの会社の取引先は、アメリカのケンタッキー州にもあります

●男性 57歳
うちの会社の取引先は、アメリカのケンタッキー州にもあります。田舎の小さな会社ですが、ずいぶんとグローバルに取引をしています。グローバルになるのは良いのですが、クレーム対応などもグローバルに行わなければならないこともあります。
そのアメリカのケンタッキー州にある取引先から、不良品のクレームが来たのです。
そのクレーム処理をするために、半年ほど誰かが単身赴任することになり、どういうめぐりあわせか私が行くことになってしまいました。
身の回りのものは自分で持って行くことにしましたが、生活するために必要なものの大方を家内に手配して送ってもらうことにしました。

引越には日通を利用したのですが、必要な書類の多さに辟易としてしまいました。
しかも、1箱ごとに、何が入っているのかを細かに書かなければなりませんでした。
しかも、それだけ書いてあっても、業者のスタッフが1箱1箱中身をチェックするのですから、大変な作業です。

しかも、保障をうけるためには、1つ1つの品物を自分で査定しなければなりませんでした。
どれくらいの価値をつければいいのか非常に困ったことを覚えています。