海外-日本間の引越しの体験談

海外-日本間の引越しの体験談

私は仕事で海外勤務を経験しております

●男性 63歳
私は仕事で海外勤務を経験しております。短期滞在を含めると多いですが、本格的な引越しを伴う長期滞在も2回経験しております。
1回目は日本からアメリカで、コンテナを使った船便を利用しました。
電化製品は持って行ってもどうせ使えないので、現地で調達することにしました。
部屋は用意されていて必要最低限の家具もありましたので楽でした。
配達を依頼したのは寝具、箪笥、洋服や日用品などです。
ただ普通の荷物輸送でしたので当然設置などはしてくれず、玄関先に置かれるだけです。
荷物の運び入れに苦労しました。

2度目は日本からイギリスでした。
前回の引越しに懲りて、今度は引越し業者に依頼しました。
会社からはコンテナを利用した船便に相当する費用は出してもらえますが、それ以上に足が出た分は自腹です。
梱包も自分でしなければなりません。海外引越しをしている業者はいくつかありますが、安いところは税関の手続きを自分でしなければなりません。それも厄介なので、かなりポケットマネーを出して大手の引越し業者に依頼しました。
赤字ついでに梱包まで頼みましたので、2回目は本当に楽でした。

現地ではもちろん設置もしてくれ、日本語を話せるスタッフが来てくれます。私はもう利用する機会はないと思いますが、今後海外への引越しをされる方は、少々お金がかかっても大手の引越し業者に頼むことをおすすめします。